断章495

 ネズミ男は、東の大海に浮かぶ「動物王国」で暮らしている。つれあいのハムスター女は、若い頃に勤めていた会社の社員旅行で香港に2回、台湾に1回行ったことがあるらしい。時々「あ~、美味しい中華が食べたい」というが、家計が許す範囲は、“ほか弁”の「中華丼」(税込み550円)である。そんな時は、ふだん食費を節約しているネズミ男も、「じゃあ、ついでにとりめしスペシャル1個買うてきて~」と、大胆に乗っかるのである。税込み670円である。贅沢なようだが、弁当に入っている小さな肉団子2個と小さいウインナー1本と鶏肉3分の1を次の食事に回すので、一回の食費は670円の7割くらいではないだろうか。

 500円玉貯金のために食費を節約してきた。つづけると500円玉貯金も愉しいのである ―― 楽しむ…与えられたこと(物理的に)に対して楽しく過ごすこと。愉しむ…自分自身の気持ち、思いから感じ生まれるたのしい状態。自分自身の考え方でいくらでも変わるということ ―― (う~ん、奥が深い)。

 ネズミ男は飛行機に乗ったことがない(飛行機で飛びなれた大学知識人、たとえば斉藤某や白井某よりよほど環境にやさしく接してきたのだ)。それでも夢はあった。「リラの花咲く頃のパリを見て死にたい」。

 甥っ子は言った。「おっちゃん。格安なら案外やすう行けんで~」と。

 「希望をもっていれば運命は変えられる」。500円玉貯金は、俄然、しがない貧乏ジジイの「蒼穹の昴(そうきゅうのすばる)、希望の星」になった。そのはずだった。

 古いパソコンが悲鳴をあげ、古びた風呂場の床タイルが剥がれて、ネズミ男に夢の終わりを告げた。

 

 共産主義社会になれば、わたしも大学知識人たちのように、自由に何度でも海外旅行ができるのだろうか? 地球人口80億人の誰もが? 

 たとえ、「ほしがればほしがるほど、心は貧しくなる」と言われても、人間(ヒト)の欲望は尽きないのでは?

断章494

 「私の業績に関する限り、近代社会における階級の存在を発見し、さらにその階級闘争を発見したことは、なんら自分の貢献ではありません。ブルジョワ歴史家がすでに私のまえに、この階級闘争の歴史的発展を暴露し、ブルジョワ経済学者はこれら諸階級の経済的解剖を試みていたからです。私があらたに成しとげた業績は、つぎの点を明らかにしたことにあるのです。⑴ 諸階級の存在は、生産の発達に制約された特定の歴史的諸闘争にのみ関連している。⑵ 階級闘争は、必然的にプロレタリアートの独裁にみちびくこと。⑶ この独裁はすべての階級が廃絶される無階級社会への過渡期を構成するにすぎないこと」。

 1852年、マルクスはワイデマイヤーあての手紙にこう書いた。

 

 マルクスは、共産主義社会の到来は歴史的必然であると確信していた。だから、資本との闘いにおいて自己の歴史的使命(階級的自覚)に目覚め、社会主義革命に勝利した「プロレタリアートの独裁は、すべての階級が廃絶される無階級社会への過渡期を構成する」と、お気楽に思っていた。

 自己の歴史的使命(階級的自覚)に目覚めたプロレタリアートの独裁が、“変質させられる”とか、すっかり“堕落する”とか、まるごと“別のものに転化する”ということは、マルクスの想定外なのである。

 マルクスは、「哲学から飛び出して、普通の人間として現実の研究に取り掛からなくてはならない」という問題意識をもっていた。しかし、“史的唯物論”において提出された、マルクスの人間観ないし人間学には、まだ哲学のシッポが残っている。

 「人間の本質は、社会的諸関係のアンサンブルだから、資本制社会と無階級社会では人間の本質は異なる」とか言っても、無益である。

 「普通の人間として」からさらに進んで、「普通の人間について」の研究が必要なのである。

 

 さもなければ、たとえば、なぜ、日本共産党が、あれほど多くの党有名幹部たち(若い方はご存じないだろうから、「野坂 参三」・「伊藤 律」などをググってください)を、“裏切者”“脱落者”“反党反共への転落者”“スパイ”として追放したのか?

 ひとたび、労働者階級解放を通じて全人民の人間的解放を実現するために生涯をささげると誓った(はずの)者たちが、なぜ?

 さらには、なぜ、当の日本共産党自身が、「ソ連、中国、天皇、革命 ―― この政党がやってきたこと、やろうとしていることがすべてわかる!」(『日本共産党 暗黒の百年史』)と、元党員から命がけの告発(出版社コピーより)をされるのか?

 

 賢い人たちは、賢い人たちとだけ交際するので、思いのほか「普通の人間について」知らない。だから、人間を知るために、「普通の人間として」からさらに進んで、「普通の人間について」の研究に取り掛からなくてはならない。

断章493

 「要するに、啓蒙思想家たちのすばらしい約束にくらべて、『理性の勝利』によってつくりだされた社会的かつ政治的な諸制度は、苦い幻滅的な戯画であることがわかった」(エンゲルス)。

 

 1962年12月4日の日本共産党機関紙『アカハタ』の「主張」は、次のようなタイトルと書き出しだった。

 「マルクスレーニン主義の革命的立場を堅持しよう

 モスクワ声明の2周年にあたって

 1960年12月はじめ、わが党の代表団も参加した世界各国共産党・労働者党代表者会議が全員一致で採択したモスクワ声明を発表してから、2年たちました。また、モスクワ声明の基礎になったモスクワ宣言が発表されてからすでに5年たっています。この間の国際情勢の発展およびわが党の活動の経験は、これらの文書にのべられている基本的な命題がまったく正しいことを証明しています。

 モスクワ宣言とモスクワ声明がのべているように、今日の時代における世界史の発展のおもな内容、方向、特徴を決定する原動力は、もはや帝国主義ではなく帝国主義に反対する勢力です。

 ソ連や中国をはじめとするアジアとヨーロッパの社会主義国があらゆる分野でひきつづいて発展しているというだけではありません。アメリカ帝国主義の鼻のさきのキューバでも、民族民主革命が勝利し、すでに社会主義革命の旗が高だかとかかげられています」。

 

 それから57年後のキューバは……、

 「カリブ海社会主義国キューバで実施された憲法改正を巡る国民投票で同国の選管当局は25日、賛成票が約87%に上り、承認されたと発表した。改正案はカストロ兄弟後の政治体制を見据え、大統領職や首相職を創設し権力分散を図るとともに私有財産を認め、外国投資も重視する。ただ共産党の一党支配や社会主義体制は変わらない。

 憲法改正は2018年4月に国家評議会議長を引退したラウル・カストロ氏が推進役となって、共産党内部で検討が進められてきた。将来的な政治体制を見据えるほか、自営業者の増加や外国投資の積極的な受け入れといったすでに実行している経済政策に関して改めて承認してさらなる自由化を促進する。

 ただ今回の国民投票でも自由な選挙活動は認められなかった。街中の建物や公共交通機関には『私は賛成票を投ずる』『賛成だ』などと書かれたポスターが貼られた。投票所ですら入り口などに賛成を呼び掛けるポスターが掲示された。南北のアメリカ大陸諸国で構成する米州機構OAS)のアルマグロ事務総長は『独裁政権下の国民投票は詐欺だ』と批判した」(2019/02/26 日本経済新聞)。

 そのキューバの大統領は、モスクワを訪問し、「11月22日、プーチン大統領と会談して関係の強化を確認し、共に制裁を受けるアメリカをけん制しました。

 プーチン大統領『私たちは常に様々な制限、禁輸、封鎖などに反対していた。国際社会でロシアは常にキューバを支持してきた』。

 これに対して、ディアスカネル大統領は、ロシアによるウクライナ侵攻とウクライナ4州の『併合』を支持した上で、『キューバ危機』から続くアメリカの制裁を批判しました。

 会談に先立ち、両首脳は、故・カストロ議長像の除幕式に出席しました」(2022/11/23 読売テレビnews)。

 

 つまり、マルクスレーニン主義者たちはすばらしい約束をするが、「社会主義の勝利」によってつくりだされる政治的社会的制度は、苦い幻滅的な赤色全体主義体制 ―― 私有財産を認め、外国投資も重視する。ただ共産党の一党支配や社会主義体制は変わらない ―― であることがわかる。

 

【参考】

 1956年のソ連共産党第20回党大会における“スターリン批判”と“平和共存政策”の提唱以後、ソ連共産党中国共産党はギクシャクした(本当の原因は、中国の核開発に対してソ連が非協力だったこと)。

 当初中国共産党は、このフルシチョフの新路線を非難せず、むしろ、ソ連共産党第20回党大会のあと、1956年にポーランドおよびハンガリーで動乱が生ずるや、積極的に取りまとめ役を買って出た。その後両党の間で意見を調整して妥協が成立。1957年の「モスクワ宣言」で社会主義諸国の団結が表明された。

断章492

 赤色全体主義チュチェ思想)の特権階級が支配する朝鮮民主主義人民共和国。この国の軍国主義的官僚指令経済(ノルマと配給の経済)には、財の希少性の指標としての(資本システムに備わる)価格メカニズムがない。だから、経済を回すには、コネとワイロと裏経済が欠かせない。中国・毛 沢東時代のように市場開放や資本の導入を頑(かたく)なに拒絶しているので、経済はスムースに回らない。ひとつの政策ミスでたちまちガタガタになる。

 

 たとえば、「2010年5月15日、北朝鮮がデノミ(通貨呼称単位の変更)を実施した2009年11月以降、抗議行動やこれに乗じた犯罪が続発し、これを受けて北朝鮮当局が今年3月までに複数の公開処刑を行ったことを明らかにした。(中略)

 同筋によれば、北朝鮮東部の咸興では、デノミに反対する住民数十人が警官隊と衝突。警官に暴行したとして10人が捕らえられ、うち2人が昨年12月5日か6日、地元住民が見守る中で銃殺刑に処された。北部の咸鏡北道清津でも同月8日、新旧通貨の交換を渋った地元当局に住民が抗議する騒ぎが起き、住民2人がその場で射殺されたという。また両江道の恵山では、中央銀行の支店長が新通貨で100万ウォン相当を横領した罪で、3月下旬に公開銃殺されたという。

 さらに同筋は、デノミ失敗の責任を問われて労働党計画財政部長を解任された後、処刑されたと伝えられている朴 南基氏について、副部長1人と共に銃殺刑に処されたと述べた」(時事コム)。

 

 まるで中世のような「血まみれ」にして脅しても、軍国主義的官僚指令経済の問題は解決できない。にもかかわらず、この軍国主義的官僚指令経済の国は、かつて「地上の楽園」とプロパガンダされていたのである。

 

 「約60年前に始まり、9万3千人以上の在日朝鮮人たちが海を渡った『北朝鮮帰還事業』。『地上の楽園』と宣伝された地で多くが貧困と迫害に苦しんだ。広島市から北朝鮮に渡り、今は脱北し韓国・ソウルで暮らす朴 静順(パク・ジョンスン)さん(81)もその一人。日本在住の脱北者北朝鮮政府を相手取って2018年に東京地裁に提訴するなど、今に続く問題だ。朴さんの言葉でたどる。

 朴さんは、日本統治下の朝鮮半島から渡ってきた両親のもと、1940年に現在の広島市西区で生まれた。原爆投下時は広島県北部に疎開しており、被爆は免れた。戦後も両親と10人兄妹の暮らしは貧しかった。高校には進学せず無料の夜間学校に通った。広島市内の音楽喫茶『ムシカ』でアルバイトをして家計を助けた。『生活は苦しかったけれど恋もした。いい思い出です』。

 1959年、日本と北朝鮮の両政府の了解で時間授業が始まる。植民地支配と戦争に翻弄され、貧困や差別を強いられてきた在日朝鮮人たちは、新たな生活を求めて海を渡った。ただ、現在の韓国・大邱広域市の出身だった両親は当初、前向きではなかった。

 朴さんの家族が帰還事業と向き合うのは1960年だ。当時17歳の弟が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係者から『ソ連の大学に進学できる』と説明され、帰還を強く望んだ。お金がなく学校に通えなかったからだ。両親と7人の兄妹は60、61年に次々と北朝鮮に渡った。朴さんと兄と姉の3人が日本に残った。

 北朝鮮の実態をつづった告発本を読んでおり、帰還の意志はなかったという朴さん。1962年、北朝鮮の家族から『父がもうもたない』と手紙が来ると『どうしてもお父さんに会いたくて』。その年の12月、1人で新潟港から海を渡った。

 北朝鮮北部の清津(チョンジン)港に降りてすぐ『ここは住むところではない』と悟った。真冬なのに市民は薄いもんぺ姿で震えながら歩いていた。帰還者の教育センターでは『ここから出たら何の不満も言ってはならない』と指導された。家族が住む新義州(シニジュ)市に着いた時、父はもう亡くなっていた。『帰還を後悔しました』。

 横浜市からの帰還者の男性と1963年に結婚し、3人の子どもを産んだ。配給では食べていけず、福山市に住む兄の仕送りを家族で分けあった。日本から持ってきた服は食べ物と交換した。

 『苦難の行軍』と呼ばれる1990年代後半の大飢饉で貧しさは一層増した。冬のある日、女性に食事を乞われた。夕食の残りをあげたが翌朝、女性は家の前で亡くなっていた。『彼女は最後に食事ができただけよかった』。そう思うほど道で飢え、凍え、亡くなる人が多かった。

 3人のわが子のうち、息子2人は生死不明のままだ。長男は84年に21歳で学校に行ったきり帰ってこなかった。次男は94年に28歳の時、警察に連行された。2人とも国の不平を言ったために収容所に入れられたと思われるが、真実はわからない。理由を探ることも『息子に会いたい』と周囲に漏らすことも許されなかった。朴さんの兄2人も84年に収容された。1人は収容所で病死した。1人の生死はわからない。

 次男と1994年に連絡を取れなくなった後、朴さんは夫と農村部へと送られ、生活はより厳しくなった。1997年7月に夫が亡くなり『脱北』を決めた。同年10月、台湾人ブローカーを頼って娘と娘の夫、2歳の孫娘の4人で川を渡り中国へ逃れた。大連市で1年半ほど暮らし、1999年5月、偽造パスポートで韓国へ入った。

 ソウルの空港を出て車に乗っている時、ミュージカルの広告を見た。『これからはこういうの見ていいんだ』と思った。

 韓国に移住し約20年。ミュージカルも見に行った。韓国のメディアでも証言してきたが、本名と年齢は初めて明かした。北朝鮮に残った兄妹たちへの影響をずっと恐れてきたが、今回『本当に起こったことを語り残したい』と決意した。『貧しい思いは日本でもしました。でも今思えば、広島は私の青春の場所でありがたい暮らしでした。自由があることが一番なんです』。(以下省略)」(2022/04/12 中国新聞・高本 友子)。

断章491

 「人口爆発、環境汚染、貧困拡大、温暖化……われわれ人類の行く末について、悲観的な予言を目にしない日はない。だが実のところ、いまこそは人類史の最高の時代なのだ。明日を暗くするかに見える問題も、多くは良い方向に向かっている」と、“合理的楽観主義者”を自称するマット・リドレーは言う。

 これからの数年~十数年は、大混乱・大波乱・大変化の時代になると予感するネトウヨとしては、こうまで手放しの楽観はできない(老い先短いジジイは心配性なのだ)。

 

 けれども、「30万年近く前にホモ・サピエンスが誕生して以来、人類史の大半で人間の生活水準は生きていくのがぎりぎりだった。それが19世紀以降に突如、平均寿命は2倍以上に延び、1人当たりの所得は地球全体で14倍に急上昇したのはなぜか?」

 「19~20世紀に繰り返した恐慌と戦争によって中断され、かつ諸戦争や独裁のなかで大量の強制労働によって繰り返し逆転されてきたとしても、庶民生活が着実に向上してきたのはなぜか?」

 映画で話題になった、現代韓国の貧困家庭の象徴である「パラサイト・半地下の家族」でさえ、ほんの200年前の李氏朝鮮時代の“奴婢”の暮らしに比べれば、天国ではないのか?

 

 資本制社会の戦いの基本は、生産効率を高めて競争力のある価格で製品を販売することで勝つことである。「金まみれ」の世の中になった。

 ところが、資本制以前の社会の戦いは、軍事的な競争において勝利を収めて暴力的に収奪すること、あるいは市場を経済外的な力で直接に支配することだった。「血まみれ」の世の中だった。

 庶民は、「血まみれ」よりも「金まみれ」の方が、まだしも救われる。

 なので、わたしは、岩井 克人のように、「いまや中国共産党ですら資本主義から逃れられない。チャーチル英首相はかつて『民主主義は最悪のシステムだが、これに勝るシステムはない』と言った。経済では資本主義がそうだ」(2009/01/06 朝日新聞)と考えている。

断章490

 フェラーリは、咆哮するエンジン、鮮やかなボディカラー、官能的なボディーラインをもつ、比類なきスポーツカーである。

 マルクスの学説(思想)は、たとえるなら、ブレーキの無いフェラーリである。

 魅力的な学説(思想)であるが、ブレーキが無いから、天才でもソロソロ動かすのが関の山、もし凡才が運転しようものなら間違いなく大事故(惨事)をおこす ―― 小さくは連合赤軍の同志殺しであり、スターリンの大粛清、毛 沢東の文化大革命クメール・ルージュポル・ポト)のキリングフィールドなどなど。

 

 「ブレーキが無い」というのは―― 、

 マルクスの学説(思想)には、プロレタリアートの「前衛政党」(指導部)が、高潔な前衛という主観的な思い込みをもちつつ、人間(ヒト)の心の奥底にある“欲望”に導かれて、権力の獲得前には“無謬”の指導部に見せかけようとすることを、さらには、権力を獲得した赤色党官僚が全体主義的支配を確立して特権的な新支配階級(赤い貴族)になることを阻止する論理(思想)が無いからである。

 権力の甘い蜜の前では、「コミューン4原則」なんぞ、あっさり捨て去られるのである。

 

 マルクスの学説(思想)は、ブレーキの無いフェラーリである。凡人の手に余る。だから、カニが自分の甲羅に似せて穴をほる(大きな蟹は大きな穴を、小さな蟹は小さな穴を砂に掘って住まいする)ように、マルクスの学説(思想)は、ロシアでマルクス・レーニン主義と呼ばれる穴になり、やがて朝鮮労働党は“主体思想”(チュチェ思想)という穴をほり、日本共産党は「科学的社会主義」という穴にしたのである。

 

 マルクスの学説(思想)は、ブレーキは無いが、フェラーリである。だから、斉藤某やら白井某という名前のカメラ小僧たちが寄ってくる。うっとうしいったらありゃしない。

 机上の空論を知っているだけで本当の戦いの苛酷さを知らない小僧たちが、はしゃいでいるのを見るたびに、わたしは、「過保護すぎたようね 優しさは軟弱さの言い訳なのよ …… 坊やイライラするわ」(♪中森 明菜)と歌わずにはいられない。

 

【参考】

 日本共産党とともに「マルクス・レーニン主義の“純潔”を守るために戦う」(1966年共同声明)はずだった朝鮮労働党は、「解放直後に絶対視されたマルクス・レーニン主義は次第に揚棄され、伝統的文化や思惟と共鳴し、独自のイデオロギー体系に転換した。1960年代後半からすでにマルクス・レーニン主義から遠いところにいた。

 その直接的契機は1967年5月の党中央委員会第4期第15次全員会議である。この会議で甲山派といわれた、解放前、金日成の指導下、北朝鮮で抗日運動を組織した共産主義者たちが修正主義者と批判、粛清され、また主体思想を唯一の指導思想としてそれに基づく体制、唯一思想体系を構築することが決定された。

 この会議後、首領に関する一切のものが登場した。『偉大な首領』、『父なる首領』という用語から、それを説明し、正統化するイデオロギー、首領を中心にした権力構造、その神話と神格化、歴史解釈の徹底、信条体系や文学芸術に至るまで支配する一貫した論理体系など、すべて首領の領導を実現することを目的とした体制が作られた」(古田 博司を再構成)。

断章489

 日本共産党代表団・宮本 顕治団長が「熱烈な兄弟のあいさつ」を送った、朝鮮労働党の「社会主義建設と防衛」とは、どのようなものだったのか?

 

 たとえば、1980年代前半から半ばにかけて、北朝鮮で技術指導に携わった在日朝鮮人・李 佑泓は、「北朝鮮は明確な身分差別があり、ひどい監視社会である。指導者の失政のために、北朝鮮はあらゆる工業力の水準が極めて低く、物不足のため国民の生活水準も酷い。また組織の腐敗のため改善の余地も見られない。国外向けに行われている宣伝はことごとく虚偽宣伝である」と、『暗愚の共和国』で告発した。

 あるいは、「『食料が足りないなら山林を農地に変えればよい』とする単純な理論を振りかざし、山を切り開いて棚田やトウモロコシ畑を造ることになったのだが、金 日成が土留めのない田畑を造ることを指示したがために少し雨が降っただけでその田畑は崩壊した。このような強引な農法により山は禿山(はげやま)となり、山の土砂が川に流れ込んで水位が上がり、ひいては洪水が多発する原因となった。トウモロコシ畑においては連作障害を引き起こし、増産という目的に反し不作、ひいては食糧難を招くこととなった。

 また洪水の影響で大量の土砂が海に流れ込み、海岸の生態系が破壊されてしまったため漁業まで不振に陥ることとなってしまった」(Wikipediaから引用)。

 未曾有の食糧危機に直面していた1997年には農業担当の徐 寛熙・党書記が農業政策の失敗と食糧危機の責任を取らされ、「米帝国主義の指示を受け、我が国の農業を破綻させたスパイ」との罪名で処刑された。

 そして現在、「北朝鮮」が行っている「社会主義建設と防衛」ための主な事業は、サイバー攻撃と密輸、弾道弾発射と核戦力構築のようである。

 

 「アメリカ、マイクロソフトのブラッド・スミス会長は、民主主義は日々サイバー攻撃にさらされており、犯人を特定して止めるべきとの認識を示した。アトランティク・フューチャー・フォーラムの講演で、他国の選挙や政治を狙う悪質なサイバー攻撃を頻繁に行っている国として、ロシア、中国、イラン、北朝鮮を挙げた。

 その上で『われわれは、戦争状態ではないが完全に平和を感じることもできない時代に生きている。サイバー攻撃はグレー・ゾーンだ』と発言。さらに『5年前は、攻撃対象としてインフラや軍事能力が考えられたが、今は民主主義そのものが脅威にさらされている』」(2020/10/21 ロイター通信)と警告したのである。